<人口動態> 2022年4月までで42,000人超過死亡

<人口動態>2022年4月までで42,000人超過死亡

●コロナが始まった2020年の死亡者数は 137 万 2648 人で、前年の 138 万 1093 人より 8445 人減少し、死亡率(人口千対)は. 11.1 で、前年の 11.2 より低下している。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai20/dl/gaikyouR2.pdf

●ワクチンが始まった2021年の死者数は145万2289人で、前年比で6万7745人増えた。死者数が増えるのは2年ぶりで、戦後最多

https://mainichi.jp/articles/20220225/k00/00m/040/150000c

●2022年は1~3月は国内の死亡数が急増。厚生労働省の人口動態調査(速報値)で前年同期に比べ3万8630人(10.1%)多い42万2037人に上った。

新型コロナウイルス感染者の死亡は9704人で、増加分を大きく下回る。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA021SU0S2A600C2000000/

人口動態統計速報 (令和4年4月分)

<人口動態> 昨年2021年は、超過死亡数は戦後最大の67,000人。

2022年は、4月迄ですでに42,000人の超過死亡であることがわかった。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2022/dl/202204.pdf

*ちなみに、東日本大震災の時の超過死亡は+49,680

<ワクチンデータ>厚労省がワクチン接種日不明者を未接種にカウント

ワクチンを打たせたいために、恣意的にワクチン効果をあるように見せかけていたとしか思えない表を厚生労働省が作っていた。

厚生労働省は、「ワクチンを打ったが、いつ打ったのか日付を覚えていない人」を未接種者としてカウントし、データ作成。

それによって、ワクチンを打った方が感染予防効果があるように見えていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf1122ab31210e8f5fd8bb14e8eec53e58e50e6

 

接種日が不明な人を「未接種」から「接種歴不明」に変更すると・・2回摂取者の感染予防効果がマイナスにー

4月11日~17日 修正したデータ

小島名誉教授が作成したデータ

ワクチンを打った方が未接種者に比べて感染しやすい結果に

厚労省データ 心筋炎リスク情報も不適格

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf1122ab31210e8f5fd8bb14e8eec53e58e50e6?page=3

『ワクチンを打った場合』と『ワクチンを打たなかった場合』を比べるべきところを、『打たなかった場合』ではなく、「新型コロナにかかった場合」を比較した表になっている。

比較対象にならないものを並列して、ワクチンを打った方が心筋炎も安全なんだなという印象を与えている。

厚労省のパンフレット 心筋炎・心膜炎が疑われた報告頻度の比較(男性)

厚労省の不適格なデータは、これだけにとどまりません。

2021年10月に厚労省が作成した10代、20代の男性と保護者に向けた新型コロナワクチンのパンフレットです。

男性で心筋炎・心膜炎が疑われた報告頻度を比較していて、左側がワクチンを打った場合、右側が新型コロナウイルス感染症にかかった場合で、それぞれ100万人あたりどれくらい心筋炎・心膜炎が発生するかを表しています。

比較するのであれば、本来は「ワクチンを打った場合」と「打たなかった場合」を比べる必要がありますが、厚労省は「打たなかった場合」ではなくて、「新型コロナにかかった場合」で比較。比較対象にならないものを並列しています。

例えば、新型コロナにかかった場合、15歳から39歳では、心筋炎・心膜炎の発症者数は、人口100万人あたり834人と記されています。

しかし、この834という数値。データそのものが極めて不適格な計算方法で出されていた数値だったことが分かりました。

宮澤大輔医師

宮澤大輔医師 「これを見れば、見た人はやはりワクチンを打った方が心筋炎も安全なんだなという印象を受けると思う

宝塚市にある みやざわクリニック院長の宮澤大輔医師。

2021年12月からこのデータに問題があるとTwitter(ツイッター)で発信し続けてきました。

宮澤大輔医師 「問題点はリスクを知りたいのに、比較対象にならないものを並べていることが問題になります」 データには「新型コロナウイルス感染症にかかった場合」と記されています。しかし、これも恣意的とも言える不適格なデータだと分かりました

コロナに投じられた多額の税金

「補助金ビジネスになっていた」14兆円超の“コロナ予備費”の実態 病院関係者の証言から見る巨額税金の行方【報道特集】

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/79453

貼り忘れてしまった2022年6月10日までのワクチン接種後の死亡者数(報告があったものだけ)

人口動態表を見れば、上の表は本当に報告された一部でしかないことがわかります。

今、どれだけ異常なことが起きているのか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。