眞子さまの結婚の発表 速報

眞子さまの結婚の発表のニュースまとめ

2021年10月1日 AMEBA TVから速報で流れた、眞子さまの結婚の発表のニュースの文字起こし。

 

この時期の結婚、天皇皇后両陛下にも相談、上皇さまにも報告されている

【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! | 厳選宮内庁「眞子さまPTSDになるほどの苦痛」

https://abema.tv/video/episode/89-93_s10_p10212

1. 宮内庁はなぜこの時期に結婚するのかについて、次のように発表しました。

時期は当初は去年の予定だったが、コロナなどの状況に鑑みて、慎重に考えてきたが、眞子さまご自身とご家族、お相手、相手家族への誹謗中傷が続き、眞子さまのトラウマになり、複雑性PTSDになるほどの苦痛を感じられているーとしています。

その上で、眞子さまがこれ以上これが続くのが耐えられないとして秋篠宮ご夫妻は天皇皇后両陛下に相談したところ、この結婚になった。

また、上皇さまにも報告されているとしています。

2. そしてなぜ儀式、結婚式、お祝いをしないのかについても宮内庁は次のように発表しています。

秋篠宮さまは以前記者会見で、小室さんの金銭トラブルについてきちんと整理して、問題をクリアして、多くの人が納得して喜んでくれないと納采の儀ができないとお考えだったが、現時点では結婚を多くの人が喜んでくれる状況ではないと判断されている。

そのため、家と家の儀式や行事、お祝いはしないことになったとしています。

 

以前から一時金は受け取りたくないと伝えていた

宮内庁「一時金目当ての報道には思うところあり」

https://abema.tv/video/episode/89-93_s10_p10213

眞子さまが一時金を辞退されることについて、宮内庁は次のように発表しました。

眞子さまは中学生の頃から身近な人や自身への誹謗中傷と負担を感じられていた。一時金が高額だという批判を見て、(一時金を)受け取って、結婚後も誹謗中傷で精神的負担を感じることになると考えられた。以前から両殿下と小室さんに、自分の気持ちを伝えていて、この時、一時金を受け取りたくないと伝えていたので、一時金目当てという報道には思うところがあったと聞く、としています。

 

眞子さまの「複雑性PTSD」、誹謗中傷がなくなり、暖かく見守ることで改善

【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! | 厳選宮内庁会見で精神科医が眞子さま症状を説明

https://abema.tv/video/episode/89-93_s10_p10214

会見の冒頭から精神科の医師が同席。

精神科の先生のお話しが書かれた、A4の紙2枚が記者に配られる。

その中に現在の眞子さまの病状、と病名「複雑性PTSD」の中身について書かれていた。

「複雑性PTSDとご結婚について」

眞子さまにおかれましては、公的なご活動をなさっていらっしゃるように判断力には影響は生じていません。結婚の準備を進めることにも支障はありません。

結婚されることで、眞子さまのご結婚に関する、ご自身とご家族及び、お相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられる出来事がなくなれば、「複雑性PTSD」の改善が進むと考えられる。

ご結婚について、周囲の方々からのあたたかい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられますーというお話がありました。

10月26日に会見することは眞子さまが望まれたこと。

その日に婚姻届もご提出される。

また、天皇陛下への挨拶(朝見の儀と呼ばれるもの)については、今日の会見では、陛下の思し召しなのでこの場では控える。秋篠宮家の側近による会見なので、この場での発表は控えるとした。

(会見中の速報)この後に、西村宮内庁長官も会見するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。