接種者のご遺体から謎の繊維状の血栓が見つかっている

接種者のご遺体から謎の繊維状の血栓が見つかっている

乳幼児(6ヶ月〜4歳児)へのワクチンの有効性・安全性を議論している最中にもかかわらず、厚生労働省はすでに接種の準備がしておくよう医師会に通達していることがわかりました。

そんな中、ワクチン接種者のご遺体から謎の繊維状の血栓が見つかっているニュースが拡散されています(動画あり)。

乳幼児へのワクチン接種はすでに決められている?

6ヶ月から4歳の子どもにワクチン接種をするために医師会に接種体制の準備を呼びかけていた厚生労働省。

現在は乳幼児に対するワクチンの有効性・安全性を議論している最中。

にもかかわらず、接種の準備をしておけと通達する厚生労働省は、すでに接種ありき、接種はするものとして動いている。それに同調しているのは医師会。

安全性よりもとにかくワクチンを打つという方針で動いている政府。

政府を信じて、安全性が確認されたからワクチン接種を勧めていると思っている全ての善良な国民に、このことが伝わりますように。

そんな中、こんなキミの悪いニュースも。

接種者のご遺体から、通常の特性を欠く多数の長い繊維状の血栓が見つかっているというのです。

こういう動画にすぐに字幕をつけてくださる方、本当に感謝です。

リンク先のブログにはさらに衝撃的な写真が載っている。

葬式屋さんたちが最近、ご遺体から取り出してる「白い血栓」のなぞ

こちらのブログには謎の血栓の正体と言える、恐ろしいワクチン成分について、またコロナワクチンのデトックス法についても書かれています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。