今の憲法草案は統一教会の理想と同じ

今の憲法草案は統一教会の理想と同じ

安倍さんを襲った山上容疑者は「特定の宗教団体に恨みがあり、その宗教団体と関係がある安倍元総理を狙った」という趣旨の供述をしているそうです。

その宗教団体が統一教会だと言うことがわかって、Twitterでトレンドワードになっていました。

その中で紹介されていた、統一教会のサイト。ここに書かれていることが自民党の今の憲法草案とすごく似ていることがわかりました。

自民党の憲法草案は統一教会の理想と同じ

国際勝共連合(統一教会のサイト)

https://web.archive.org/web/20181113120854/http://www.ifvoc.org:80/intro.html

国民に与えられた人権の過剰を是正し、義務をしめす

自主憲法制定運動(なぜ外国の宗教団体を母体とするところが日本の憲法改正を促し、注文をつけているのか?しかもほとんどそのまま自民党の憲法草案になっている)

国民には「人権」の過剰を是正し、義務を示す

下は、現憲法と自民党の憲法草案との比較

現憲法は、「天皇や政治家、権力者が」憲法を尊重し守る「義務を負う」のに対して、

自民党の憲法は統一教会の理想と同じ「すべての国民は」「この憲法を尊重しなければならない」と国民に義務を課している形になっています。

現憲法と自民党憲法草案比較は以下のサイトに詳しく載っています。

https://kaiseisouan.com/

以下も、国際勝共連合(統一教会のサイト)上の自民党憲法草案と比較してみてください。

https://kaiseisouan.com/ に詳しく解説あり

憲法9条改正はアーミテージからの要望

統一教会はアメリカの共和党にも近く、トランプ大統領も安倍さんも統一教会の式典でメッセージを送っています。

*画像をクリックすると、記事に飛びます。

共和党のトランプ、ロックフェラーと続く国際金融家のネットワーク、その中の一人、ジャパンハンドラーのアーミテージから憲法9条の改正を要望されています。

自民党が改憲を進めたい大きな理由です。日本製憲法ができる環境には今ないのです。

憲法改正の急先鋒の櫻井よし子氏も統一教会系の集まりで講演

GHQ憲法だとか言いながら、結局はアメリカにとって都合の良い条文に書き換えられるだけ。

2015年にはオバマに言われて、安保法改正をつくり、憲法9条の縛りはかなりなくなっています。

詳細はこちらhttps://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/safty_9questions.pdf

戦争に向けての法整備を着々としているのが現状です。止めるためには憲法改正を阻止しなければいけません。

そして忘れてはいけないのが、恐ろしい緊急事態条項が追加されること。

日本国民が幸せになるために憲法が改正される、日本の国益のために憲法が改正されるならいいですが、どうみてもそうではない。

今は護憲、憲法改正反対一択です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。