ワクチンを勧めていた専門家、実は未摂取だった

ワクチンを勧めていた専門家、実は未摂取だった

ワクチンを猛烈に進めていた政府は、接種後に1474人が死亡し、31221人が重篤な副反応に苦しんでいるデータを見ても、3回目接種(さらに子どもにまで!)勧めています。

そして、ここにきて、昨年、猛烈にワクチン接種を推奨していた専門家が実は未接種だったということがわかりました。

昨年の7月、ワクチン接種を猛烈に勧めていた専門家が実は未接種だった

舘田一博氏が製薬会社から受け取っていたお金。

謝礼金を払っている製薬会社

上の画像はこちらのツイートからお借りしました:h●ttps://twitter.com/RaTa_ECK/status/1502974888251781120?s=20&t=aGiL75-qzek-naDmnZiBBg

実際にどのようなことを話していたのか、野中さんが当時の舘田一博氏のお話しを載せています。

 

女性セブン以外も書き始めたワクチン接種後死亡

死因にコロナワクチンと明記した法医学の先生の話しー週刊新潮

法医学の権威がとうとうワクチン接種後に死亡した男性の死因欄に「コロナワクチン」と明記したそうです。

初の補償金の対象になるのか。

接種後の風呂場で死亡相次いでいるーその他1474人接種後死亡についても書いている週刊ポスト

ワクチン接種後にお風呂場で死亡の報告が相次いでいる。

ワクチン接種後の副反応ツイート

 

国の呼びかけに応じて、真面目にワクチンを打っている方が亡くなられたり、ひどい副反応で苦しんでいる。ワクチンとの因果関係は認められないなどと言って済ませている場合でしょうか。

さらに、このような治験中のワクチンを子供にまでうとうとする政府。

ファイザー社の一部データ公開

子供へのワクチンは本当に中止にしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。