プーチンもグレートリセットに向かうための役者の一人<お金の流れ>

プーチンもグレートリセットに向かうための役者の一人<お金の流れ>

 

結局、やらせ。神王TVの2つの動画から、この戦争の背後にいる人とお金の流れを解説しています。

最初に戦争が起きた時、ドイツ在住のめいこさんが言っていたことに通じてます。

ただ、プーチンはグレートリセット、世界統一政府を目論む側と戦っているような発言もあり、見方が二分していました。

ですが、後ろのお金の流れ、人の繋がりを見るとやはり全てはシナリオのよう。

ゼリンスキーの背後にバイデンファミリーの利権 & 世界経済フォーラムのシュワブさんに賞賛され援助されてきたプーチン

神王TVさんの動画。

1. ウクライナ戦争の「黒幕とヤラセの証拠」が判明しました。株価大暴落の最大リスクはウクライナではなく●●です。プーチン大統領にお金を出してる某ユダヤ人と

2.  グレートリセットと第三次世界大戦の主役はプーチン?超ヤバい裏話。ダボス会議と世界統一政府や世界統一通貨の裏話。影武者の都市伝説とは【 日経平均 都市伝説 グレ

<1>ゼリンスキーの背後にいる富豪とバイデンファミリー

ウクライナのゼリンスキーの後ろにいるのは、大富豪のコロモイスキーさん(日本嫌いのアシュケナージユダヤ人)。

多額の資金を出してゼリンスキーを大統領にした。

副大統領だったバイデンに、ゼリンスキーを引き合わせたのはプリズマという会社。

ハンターバイデン(バイデンの息子)は毎月500万円もプリズマからお金をもらっていた。

その他いろいろ、アメリカの国益に反することをしていた。

これが今アメリカのメディア、上院議会でも騒がれている。

マネーロンダリングや、いえないような破廉恥なこともしていた。

この件はアメリカ大統領選(トランプ対バイデン)の際に、問題になりかけたが、アメリカの大手メディアやSNSは一斉にこの情報を消した。

それを、最近になってNYタイムズが、これは本当だったと報道し始めた。故に、世界の株価にとっての最大のリスクはこのバイデン問題だと言われている。

ロシアの残虐行為を毎日報道させているのは、バイデンスキャンダルを隠すため。

バイデンファミリーは中国の大企業とも繋がっている。

一方、(トランプさん派だったと思われていた)プーチンは2020年10月25日、「刑事犯罪に当たる要素は見当たらない」と言って最後にはバイデンを庇っている。

   つまりやらせ。皆がグレートリセットに向けてそれぞれの役割を果たしている。

ー後半は省略。動画で詳細確かめてくだされ。

<おまけの都市伝説>

この戦争が5月3日にロシアが勝利宣言して終わる説がある。理由は小麦の種まきが始まるから?

日本政府はウクライナ難民をちゃんとした審査もせずに受け入れている。(表向きには難民受け入れ、裏側の理由はマフィアの受け入れ。バックにオルガルヒがいる。)

 

<2> プーチンは光の戦士か? 支配者層と戦う救世主か?

毎年1月末にスイスのダボスで行われる世界経済フォーラム、通称ダボス会議。

今年は5月に延期されているが、1月にオンラインで「ダボス・アジェンダ」が開催された。その時にプーチンが演説をしている。ブルンバーグの記事はすでに削除されている。

プーチンは「現在の状況は1930年代と似ている」「第3次世界大戦の予兆がある」と発言している。

戦争の準備は前もってしているはずなので、この時にはすでに戦争が始まるのを知っている、計画していた?。

プーチンがダボスで演説するのは2009年以来のこと。

プーチンの演説

パンデミックによる経済的不均衡の拡大によって、緊張が増している。今日において、世界的に激しい戦いは原則不可能であると願っている。しかし、繰り返しますが、予測不可能かつ制御不能な状況に発展する可能性があるのです。世界は「万人の万人に対する紛争」に発展する可能性がある。(つまり第3次世界大戦)

他国への内政干渉が軍事的リスクを高めるーという内容を話している。

ロシア大使館のHPにはプーチンの発言が載っている。

https://tokyo.mid.ru/web/tokyo-ja/-/—253

この発言が一部、グレートリセットに否定的と捉えられる内容になっている。

これが西側がプーチンを倒すための建前になったのではないかとも言われている。

一般には、これによってプーチンが「支配者層に反旗を翻した光の戦士」と言われる所以になっている。が、本当にそうか。

プーチンが光の戦士だとされた発言

ほかにもプーチンは人口削減計画にも言及していて(暴露していて)、DSと対峙しているように見られていた。

『左翼vs右翼』がフェイクであるように『ロシアvs西側』もフェイク

もう一つの見方、プーチンの過去を見ると、DS側に支援されて今に至っている。

つまり、プーチンもグレートリセット・世界統一政府へ向かうための役者の一人にすぎない?

「プーチン光の戦士説」を否定するツイート。シュワブさんはプーチンを若いグローバルリーダーだと称賛していた。

 

神王TVさんの解説に戻って、

ダボス会議のクラス・シュワブ氏とプーチンは仲がいい。

シュワブ氏は、プーチンを称賛している。プーチンはかつて、ダボスのかなりの中核メンバー。

ウクライナ侵攻があってしばらくしてから、この称賛していたことはHPから消えている。

世界経済フォーラムは、ロシアとプーチンに対する全ての関係を凍結しましたと言っている(凍結ということが、いずれは解除するーと意味だと神王tvさんの解説)。

プーチンは世界経済フォーラムに長年出席して、支援も受けている。(ということは)グレートリセットへ向かうための役者の一人と考える方が理屈に合うのでは。

ここでダボス会議について。

●2022年1月のダボス会議。オンラインでの岸田総理の演説
「ダボス・アジェンダ2022」における岸田総理大臣の特別演説(令和4年1月18日)

●ダボスメンバーとして目立つところに載せられている、Koizumi Shinjiro(小泉進次郎)

https://www.weforum.org/agenda/authors/shinjiro-koizumi

●世界経済フォーラムの日本人メンバー一覧 = 政治家、アナウンサー、ジャーナリスト、企業の経営者などエリートと言われる人がたくさん名前を連ねている。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000051767.pdf

 

「新世界秩序へ向かうための重要な役割を担っているのがプーチン」

初代プーチンはもういない。ーと神王tvさん。

いつもはぐずぐず決定が遅れる日本がロシア外交官追放の決定は早かった

4/8 在日ロシアの外交官ら8人を国外追放へ 外務省、ウクライナ侵攻受け

https://news.yahoo.co.jp/articles/38496c286baa282fed090ed889caaaf235d75385

外務省は8日、在日ロシア大使館の外交官と在日ロシア通商代表部の職員計8人を国外退去処分にすると発表した。人名や退去期限は明らかにしていない。小野日子・外務報道官が臨時会見で明らかにした。  同省によると、外務省の森健良事務次官が8日、ガルージン駐日ロシア大使を呼び出し、ロシア軍のウクライナにおける民間人殺害について「多数の無辜(むこ)の民間人の殺害は重大な国際人道法違反であり、戦争犯罪だ」と非難。「民間人殺害を否定し、ウクライナと西側によるフェイクというロシアのプロパガンダはまったく受け入れられない」として、外交官らの国外退去を求めた。

同日すぐに、ロシアが対抗措置を取ると声明

外交官追放、日本に対抗措置 「非友好的」と反発―ロシア

ウクライナ支援もさっさと決まる。実質、戦争に参加

2022/3/11 防弾チョッキを引き渡し 自衛隊物資、ウクライナに

2022/4/19 自衛隊保有のドローンなど、ウクライナに提供へ 追加支援の要請受け 

https://www.asahi.com/articles/ASQ4M3QN5Q4MUTFK006.html

●2022年4月20日 日本政府 ウクライナ支援380億円に増額

https://jp.sputniknews.com/20220420/380-10666921.html

こういう決定は早くて具体的金額までスピーディーに決まる。多分、上から(アメリカから)の命令だから。

敵国条項対象国の日本が、こんなにロシアを敵国とした態度ばかり取るのは次の戦争は日本で・・と計画されているからではないだろうか。

結局どこの国でも犠牲になるのは庶民ばかりなのに。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。