テーミス2月号 愛子天皇に関する部分

テーミス2月号 愛子天皇へ・・に関する部分

テーミス2022年2月1日号 愛子様と旧宮家男子の結婚計画が進むが・・

テーミス2月号の見出しに「『愛子天皇へ雅子皇后と宮内庁が動く』愛子さまと旧宮家男子の結婚計画が進むが小和田人脈や朝日新聞も動く」と書かれている。

『計画が進むが』の『が』はなんなのか?

『が』の後に『小和田人脈や朝日新聞も動く』が意味深。

買ってないので内容がわからない。

Twitterで呟いている人から推察するしかない。

(*秋篠宮家「税金投入問題」のところについては、前のブログにまとめました。)

創価学会についても。小和田家は創価学会だと言われていることと関係があるのか?

要するに雅子さまは愛子さまと旧宮家の男系男子との婚姻は望まれていないということでしょうか。

一番驚くのはこの部分、

小和田家は女性天皇・女系天皇を容認する河野太郎の首相就任を望んでいる

また、国連の女子差別撤廃委員会に「日本は女性の地位が著しく低い、その象徴が皇室」という見解を出すように働きかける等の外圧を利用し揺さぶりをかけてくるだろうという見解も紹介。

国連に働きかけるやり方は、いわゆる従軍慰安婦問題を世界に広めるために、セックス・スレイブという言葉を使って国連から日本を批難させた戸塚悦郎弁護士と同じ手法ではないでしょうか。

テーミスの記事が本当かどうかわかりませんがもしそうなら、こういうやり方は日本にとってよくありません。

よく女系になったら、皇統の断絶、左翼や共産党が喜ぶという書き込みがあるのですが、実際のところ、現在の共産党は皇室廃止ではなく、女性天皇、女系天皇に理解ある立場なのです。

しんぶん赤旗22年1月19日配信 

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2022-01-19/2022011902_02_0.html

小池氏は「国会の付帯決議では、女性宮家の創設について、重要な課題であることに鑑み、検討を行い、すみやかに国会に報告することとしており、女性天皇、女系天皇について報告することを求めていた。にもかかわらず、今回の有識者会議の報告は、女性天皇、女系天皇について検討しなかった。むしろ逆に男系男子を事実上、『不動の原則』とする報告書になっている。これは、この報告の大きな問題点として指摘せざるを得ない」と強調。「これから国会の中で、各党・各会派で議論されることになるかと思うが、日本共産党としては今述べた立場で、この議論には臨んでいきたい」と述べました。

今や、共産党と皇室の考え方が近く、自民の男系男子死守の保守と言われる方が皇室と敵対している、そんな捻れた状態です。

女系天皇につながると牽制されながらも女性宮家を望んでいたのは上皇・上皇后両陛下。

直系長子継承という言葉も2006年から上皇陛下から出ていたような記事もあります。

そこに今回雅子皇后も賛同されているとしたら・・。

男系男子の皇統維持を考えている方は、その先に小室さんが未来の天皇の義兄になるという現実が待っていて、いまいち本気になれない、そうなると愛子天皇が実現してお相手は民間人ということもあり得るのかもしれません。

どちらにしても皇室内部から男系男子の皇統を守ろうとする動きがないのなら、いずれは無くなってしまうでしょう。

 

皇位継承についての過去の記事

● 自民党武部幹事長が皇室典範改正法案関して、「皇室典範改正(直系長子継承)は陛下(現・上皇)のご意思だ」と発言
(週刊新潮2006/02/09)
● 「美智子も親王の誕生を大変喜んでおりますが、美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんです」
(悠仁親王誕生直後の2006/9/28週刊新潮)
● 福田康夫内閣官房長官(平成13年(2013年)6月8日、衆議院内閣委員会)
「『皇統』とは、天皇に連なる血統のことであり、男系及び女系の両方の系統を含む

● 「陛下はかねてより、『皇室の安定的な存続』や『象徴天皇のあり方』に頭を悩まされてきました。したがって、女性宮家創設や生前退位について前向きに検討してもらうよう折に触れて官邸へ“ボール”を投げて来たのですが、安倍政権はそれを喫緊の課題と受け止めることはありませんでした。(2017年6月1日号週刊新潮)

●  2017年6月 民進党の野田幹事長は記者団に対し、天皇陛下の退位に向けた特例法案の取り扱いについて 、衆参両院の正副議長の取りまとめに基づき、付帯決議に「女性宮家」創設を検討することが 明記されなければ審議に応じられないという考えを示しました。

2012年は民主党政権時代、当時の野田元総理は皇居に足繁く通い、両陛下(現在の上皇・上皇后)から直接女性宮家創設を託されている。

2017年の小室さんスクープの時にもいち早く動いて、女性宮家を退位特例法に入れろと言っていたのが野田元総理。

小室さんをスクープしたNHKの記者は天皇(現上皇)の生前退位をスクープしたのと同じ記者。 

そして野田元総理は現在も、

立民は(2022年1月)26日、「安定的な皇位継承の在り方に関する検討委員会」(委員長・野田佳彦元首相)の会合を開催した。この日は、報告書について政府側から説明を受けた。野田氏は、皇位継承策が先送りされたとして「危機感が足りなすぎる」と批判した。

立民は前例のない「女系天皇」の誕生につながる可能性がある女性天皇も含めて検討すべきだとの立場を示している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef8b147c302aed727cb1b0a6c9b155a35e1cb342

 

保守派の中からも秋篠宮家を諦めたのか、旧宮家と愛子さまの婚姻の可能性を探る記事が出ています。

愛子様と旧宮家の男系男子との結婚を匂わす記事

1. 皇籍復帰の最筆頭「賀陽家」とは? 有識者会議で示された「皇位継承順位系図」の中身とは(週刊新潮22/2/4配信)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a80883919c3824452316644c1d378c3e9a00ee9

2. 急浮上した愛子さまの“婿候補兄弟”男系論者は絶賛も父親と天皇陛下の関係に不安要素(女性自身22/2/1配信)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e169191c0d4be3dabb5d0023894fdaa7766af7c

愛子さまを天皇に、という支持層の胸の内をコメントから探る

上の記事についているコメント欄から、愛子天皇賛成派の反応を見てみます。

私見になりますが、あまり旧宮家男子と愛子さまの結婚については歓迎していないと感じます。

1の記事についたコメント上位

皇籍復帰の最筆頭「賀陽家」とは? 有識者会議で示された「皇位継承順位系図」の中身とは

敬宮愛子さまの立太子が先です。男系男子の皇籍復帰はその後のお話です。

婿候補とか、愛子様の女性としての意思を無視した書き方はいかがなものでしょう?
政略結婚は今の時代にはそぐわないかと思いますよ。
ましてや赤の他人が言うのは失礼な話です。

今回の案は、あくまで既存の宮家への養子入りを基本としており、独身の内親王や女王方との縁組を想定しているわけではない。

有識者会議のヒアリングメンバーには、文中の百地氏を含めた3人の法学者がいた。
百地氏以外の2人は旧宮家男系男子の養子や本人の復帰について、憲法14条の「門地(生まれ)による差別」に抵触すると指摘し、百地氏と議論になったが、百地氏は明確に払拭出来る回答が出来なかった。
現在もこれを覆す解釈は出てきていない。
憲法に則らない皇室典範(法律)の改正や特例法の制定は出来ない。

つまり旧宮家男系男子の養子や復帰は、女性皇族との結婚以外では現憲法下では不可能だ。
縁組を想定していないのに、憲法違反になる法律改正は是とするのが理解できない。

現代では旧宮家男子復帰は「出来たらいいね」くらいの話だ。
それよりも弟宮が皇嗣にふさわしいか、今は次の天皇は誰かを真剣に話すべき時である。

あくまで天皇陛下のお子様である敬宮様が直系として天皇を継ぐ。
そう決めてからじゃないと、旧宮家の人も皇籍復帰は難しいのでは。

それにしても、こういうお話ほど「静かな環境で」進めるべきじゃないですかねぇ???
 

今の日本には、男子継承の戦前の権力を有する印象の天皇家ではなくて、権力の印象がない女性天皇でも良いと思う。愛子様の天皇継承を望む。

ーーーーーー

2の記事についたコメント

急浮上した愛子さまの“婿候補兄弟”男系論者は絶賛も父親と天皇陛下の関係に不安要素

多くの国民が天皇家に求める事は男子である事ではなく敬える人である事だと思う

陛下が本当に、「自分の同級生と主従のような関係にはなりたくない」とおっしゃったのなら、それは賀陽氏にとって嬉しいお言葉だったんじゃないでしょうか?
天皇家は、旧宮家である賀陽家を、一つの家として尊重していることにもなりますよね。
疎遠になんてなってないでしょう。

愛子様に次を繋いで頂きたいと願います。内から滲み出る品格や美しさにはため息が出るほど素晴らしい方だと思っています。
愛子様なら尊敬申し上げていますので今後の皇族としての立派な位置付けとなると確信しています。
天皇皇后両陛下のお導きに期待しています。明るい未来に光り輝く道筋となります事を切に希望しています。

旧皇族の養子論、世間から歓迎されるのか?みたいな内容が文中にありますが、記者の感想ですかね?!
敬宮様の御相手については、御本人の皇族としての意思や覚悟をお持ちなので、相応しい方と結婚して欲しいと願っています!!

 

旧宮家の紹介、皇籍復帰、養子案の記事

「愛子天皇」待望論と20代以下の「男系男子」のいる「4つの旧宮家」復帰シナリオの実現度

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f940783daee573eab3d095ff761f4fb15b7585

こちらは愛子さまと旧宮家男子との結婚を勧めているわけではなく、女性天皇を望む声が80%あることや、旧宮家の悪い話、良い話含めて紹介。

最後は保守の百地氏の発言を紹介する形で「愛子天皇は女系につながる」危険性あると話して終わり。

ーーーこの記事のコメントが以下、

数人の有識者と言われる連中で決める事ではないと思う。
国民投票を実施して、国民の意思をくみ取って進めていくべきだと思う。

まずは愛子天皇で良いと思うけれど。公より私を優先する方を選ぶ必要はないのでは?とにかく主権者である国民の意思が反映されるべきだと考えます。

次の天皇陛下には愛子様になって頂きたいです。
心からそう思います。

愛子様が即位される(女性天皇)のと女系天皇制に変更するのとでは大違い。

安倍-菅ラインで既成事実化された「男系男子による皇位継承」は、一部の政治家と識者による意見であり、国民の総意ではありません。「男系長子」という最も国民が望む皇位継承が、初めから不可能な前提として、扱われたこと事実は、国民の総意に基づく国民統合の象徴、の天皇と皇室の在り方に、則していません。

皇位継承は男系を維持すること。(女性も有り)
天皇家の長子を優先する。(現在なら愛子さま)
愛子さまのお子さまが男系ではない(配偶者が男系を継いでいない)時は、分家に継承させる。

今の状況なら、上記を希望したい。一国民の希望でどうなるものではありませんが。
悠仁さまの進学先で、この考え方をさらに確信させるか?どうなるか?

>2000年以上の伝統を持ち、126代に亘って継承されてきたわが国の『男系天皇』の歴史

2000年以上、万世一系、126代、と言われると、歴史は理論を理解しているのか、と疑問視するのと同じように、それは本当に本当に本当なのか、と疑問視してしまう。
この状況で、どうしても維持しなければいけないのか、どうなのか、
歴史を知って、尚、男系男子ではない継承を検討する、という有識者の方の意見はどうなるのか。

広い視野で今置かれている状況を考えて、皆で考えた答えを採用することを望みます。

戦後、直系で継承されて来た天皇家を、わざわざ次男家に移す事の方が不自然。

ごく当たり前のことを考えてほしい。秋篠宮家が起こした騒動や現在も続く言動を見れば、天皇家に相応しくないのは明らか。
この時代に男子がいるという理由だけで多くの国民の意見を無視して皇統を移すなどあり得ない。

ごく当たり前のことを考えてほしい。秋篠宮家が起こした騒動や現在も続く言動を見れば、天皇家に相応しくないのは明らか。
この時代に男子がいるという理由だけで多くの国民の意見を無視して皇統を移すなどあり得ない。

欧州の例にならって、「愛子天皇」を歓迎する記事

●「愛子さまが“女王の時代”に続くか 欧州では女性君主が次々誕生へ」という記事「女性自身」2022年2月15日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbfc9f29c5c1e8da4da0828ae27e5b39adb9683e

現在のところ天皇に即位できるのは“男系の男子”に限られているが、 「ヨーロッパで王室を持つ国は7カ国ありますが、イギリスのエリザベス女王やデンマークのマルグレーテ女王に続き、今後は愛子さまの同世代の王女方が次々に即位されていく『女王の時代』を迎えようとしています」(多賀さん)

日本でも、世論調査では女性天皇への賛成派が約8割。愛子さまに期待する声は日に日に大きくなっている。著書に『王室外交物語』(光文社)などがある関東学院大学教授の君塚直隆さんはこう語る。

こちらでは男系男子も取っ払って、欧州の王室を例に女性天皇でいいだろうという感じで書いています。

こちらの記事の上位コメント

>すでに世界では男女という性別にかかわらず、国王や王族が国民のために何をするのか、それこそが王室にとっていちばん大事なことになっているのです

まさにその通り。性別など関係ないです。

敬宮愛子さまが女性天皇になられ世界との繋がりをより一層広めて深めて頂きたい。
愛子さまが日本の天皇になると穏やかで平和な新たな日本が来ると願い信じてそう思います。

小泉政権時にすんなり決めていればなあ。

性別は関係ないですよ。天皇の実子、それが重要です。愛子天皇になったら嬉しくてたまらない。

雅子皇后は、日本に真に誇れる、素晴らしい、次期天皇を与えて下さった。

国民から敬愛される 天皇家直系の敬宮愛子内親王殿下が継がれればと思います。
日本国内だけではなく 海外王室との繋がりも重要ですので皇統を移したら 不安しかない。

素晴らしい素養を兼ね備えてらっしゃるという事ですから、愛子様の女帝で良いと思います。
問題はその次をどうするかだけの話ですから。

珍しく女系天皇を警戒しているコメントだったので、返信を見てみると、

直系長子でいいのではないですか?

>直系長子で問題ないですよね。

>直系長子が良いと思います。男女関係なく。
>直系長子でいいのでは。男系男子に戻るとズルい人達に甘い汁を吸われることになる。

 

直系長子に皇位継承を変えてもいいというより変えるべきと考えている人が多いようです。

当然、女系でも構わないと考えている人が愛子天皇支持派には多いと感じます。

小林よしのり氏も動き出している

女性宮家、女性天皇は上皇・上皇后両陛下の願いだと発言していた小林よしのり氏が、活動を始めるらしい。

男系男子の皇統を大事にしていた保守派の人も、それが小室さんを義兄にもつ悠仁さまということになると、もう自信を持って主張できない、そういう人が多くなっているのではないでしょうか。

以前より勢いがなくなったような気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。